お尻黒ずみを解消する方法を紹介

メイン

自宅でできるお尻の黒ずみケア

お尻にできた黒ずみをどうやって解消すればよいのかわからないと
悩まれている方向けに、解消する為の方法をご紹介したいと思います。

 

まず最初にご紹介するのが、自宅で行えるケアのやり方です。

自宅で行える解消法のメリット
 自分で行うので、人に見られずにケアできる。

 

自宅で行える解消法のデメリット
 黒ずみが解消されるまでに時間がかかってしまう。

 

お風呂でのケア

自宅でできるケアのポイントは、お尻を清潔に保って、お顔と同じようにしっかりとスキンケアをして上げることが大切です。

 

特に入浴中に体やお尻を洗う際には、摩擦の少ない綿のタオルを使い、石鹸も泡立てネットでクリーミーな泡を作って、できるだけ肌を刺激しないように心がけましょう

 

ちなみに石鹸については、ピーリング効果のある石鹸を使うことで、
古い角質を除去させていくことが可能ですが、
肌に合わなかったり、刺激が強く痛みを伴うケースもありますので、注意が必要です。

 

入浴後は、お肌が乾燥しないようにしっかりと
保湿クリームを塗るのを忘れないようにしてください。

 

ピーチローズ

ただ自分でケアする場合どうしても時間がかかってしまいますので、少しでも早くお尻の黒ずみを解消したい、黒ずみができにくくしたいという方は、お尻の黒ずみ対策の専用ジェルを活用してみるのもいいかもしれません。

 

 

ピーチローズという商品ですが、@コスメのヒップケア部門の2013年3月現在で1位となっていて、お尻ニキビや黒ずみが解消しないと悩まれている方に人気のようです。

 

ピーチローズの詳細はコチラ>>

自宅以外のお尻の黒ずみケア

次に自宅以外でケアする場合は、エステや皮膚科・美容外科で治療する方法があります。

 

自宅以外で行う解消法のメリット
 短期間で黒ずみ解消への効果が期待できる。

 

自宅以外で行う解消法のデメリット
 その場所まで出向く必要がある。
 自分でケアするよりも費用がかかる。
 お尻を見せないといけない。

ただエステの場合、皮膚科や美容外科と比べて即効性が期待できないので、
早くお尻の黒ずみを解消したいと考えている方にはおすすめできません。

 

美容外科と皮膚科どっちでケアしてもらえばいいの?

ではお尻の黒ずみの治療を受ける場合、皮膚科と美容外科どちらに行けばよいのでしょう?

 

正解は両方大丈夫です。

 

黒ずみを除去する施術内容はどちらも同じですので、自分に治療方針があっていて、且つお尻をみせることに抵抗感を持たせないスタイルであるなど、選択肢を広げて最良の医療機関を選びましょう。

 

皮膚科・美容外科で行われている治療法とは?

ケミカルピーリング、レーザーピーリング、外用薬を用いての治療を取り入れているところが大半を占めます。

 

3つとも医療機関だけで受けられる治療法ですので、
納得のいく施術を受ける事ができるでしょう。

 

信頼性も高く実際の診察を交えたカウンセリングになりますので、
きちんと施術前後の状態を見据えられます。

 

3つの治療法の特徴を紹介

 

ケミカルピーリング

酸を使って古くなった角質層を溶かすように取り除くことで、
お尻の黒ずみを解消させていきます。

 

多くの医療機関がAHAである、サトウキビから抽出した
フルーツ酸=グリコール酸を使用しています。

 

グリコール酸は粒子が細かく小さいので、
肌への浸透が早く、効果もスピーディに実感できます。

 

酸という薬剤の塗布によって古い角質がなくなるだけでなく、
肌のキメも整い肌サイクルを正常にしていきます

施術後に赤みやほてりを感じます。最短で3時間ほどで症状は落ち着きます。

ケミカルピーリングの詳細はコチラ

 

 

レーザーピーリング

脱毛に比べると照射作用がソフトなレーザー設定で黒ずみをターゲットにします。

 

真皮層の毛細血管に光の熱がダイレクトに伝わる事で、
コラーゲンやエラスチンの生成を促し美肌にも作用します。

 

勿論角質もきちんと剥がすので、皮脂のつまりも改善されます。

レーザー自体が弱いものであっても、ヤケド様の皮膚トラブルが起こる可能性もあります。

レーザーピーリングの詳細はコチラ

 

 

外用薬

医療機関でのみ認可されている薬を処方しての治療スタイルです。
ハイドロキノンとトレチノイン酸を組み合わせての処方箋がだされます。

 

黒ずみの棲家ともいえるメラノサイトの活動を弱めることで、
直接的な黒ずみ原因をなくしていきます

 

角質が早く取り除かれるので、肌サイクルが一巡する作用が早くなり、美肌へと近づきます。

外用薬でありますが威力が大変強いので、必ず医師の管理下において使用します。

ハイドロキノンの詳細はコチラ トレチノイン酸の詳細はコチラ

 

看護婦

お尻というポジションから医療機関での治療行為は少し恥ずかしさもありますね。最近ではサロンなみに施設が充実したクリニックもあり、敷居が低く感じられるようになってきました。

 

皮膚そのものの正常な機能に着目した皮膚科
美しさも追求する美容外科

 

どちらもそれぞれの利点がありますが、医療機関ゆえの強みは共に大きいものがありますが、3つの施術法については100%安全だとはいいきれない面もあります。

 

トラブルを想定した場合、肌の弱いお尻は特に万全のケア体制の整う、皮膚科や美容外科での処置が望ましいのではないでしょうか。

2度と繰り返さない為に!根本的な原因を解決することが大事

知っておかないといけないのが、なぜお尻に黒ずみができたのかということです。

 

せっかくキレイに黒ずみが解消されたとしても、原因を把握していなければ
同じことを繰り返す恐れがあるから
です。

 

お尻が黒ずむ原因は、主に摩擦や刺激によるものがほとんどですので、
下記の中でもし思い当たるものがあれば一度参考にして頂ければと思います。

 

デスクワークをされている方はコチラ

毎日自転車に乗る方はコチラ

小さめのショーツを着用されている方はコチラ


お尻の黒ずみが改善されず、何か良い解消法がないかとお悩みの方向けに、美容外科や皮膚科で行われている治療や自分でできるケア、対策グッズなどをご紹介しています。