デスクワークの方のお尻黒ずみ対策

デスクワークでお尻に黒ずみができる原因と対策

デスクワークでお尻に黒ずみが

お尻の黒ずみ原因で最も多いのが、長時間に及ぶデスクワークによるものではないでしょうか。

 

お仕事なので避けるべき道もなく、黒ずみ覚悟でお仕事に臨んでいるという声を聞きます。

 

まずはデスクワークによる黒ずみの要因を知ったうえで、対策を講じていくことが必要です。

 

デスクワークで想定される黒ずみ要因

要因1

座ることで過度に受ける圧迫が血行不良に繋がり、肌サイクルを乱して黒ずみを作り出す

座っている椅子をクッション性の良い、
デスクワーク向けに開発された椅子に変えてみましょう

 

不可能な場合は、低反発の座布団やドーナツ座布団を
椅子の上に敷いて、圧迫を軽減させます

 

長時間座ったままの姿勢もよくないので、こまめにトイレ休憩などを挟みます

 

休憩の度にストレッチなどで体をほぐして柔らかくしましょう。

 

要因2

ムレと汗により皮膚に皮脂が溜まることで、ニキビが黒ずみに移行する

長時間座っていると、どうしても椅子の座面とお尻との
空間の温度が上がり、湿度も高くなりがちです。

 

アクネ菌の温床にもなりやすい環境は確実に黒ずみ肌を作ってしまいますので、
蒸れない環境をつくることが大事です。

 

下着を通気性の良い素材に変えてみましょう
エアースルーやメッシュ加工された円座クッションを敷くのもお勧めです。

 

要因3

エアコンなどによる冷暖房の温度差や乾燥が起因して黒ずみが発生する

最近ではエアコンも無理な温度設定は好まれない
風潮になってきましたが、敏感なお尻への送風は避けたいものです。

 

椅子に上着をかけて冷暖房の空気の流れを避けたり、
腰周りにひざ掛けを巻いてみるのも良いですね。

 

冬場の乾燥した空気は特に、皮膚のバリア機能を
低下させる働きがあるので要注意
です。

 

また空気が下着の内部にこもるので、汗と蒸れの対策も心がけましょう。

 

要因4

古い角質を除去しないので、黒ずみが悪化傾向に陥る

出来てしまった黒ずみは放置しておいても改善の余地はありません。
黒ずみ除去の基本は古い角質を剥がす事です。

 

入浴後の柔らかくなった肌にピーリング剤を用いて
頑固に居座る古い角質を取り除きましょう

 

メーカーによって週に1回だったり、2回だったりと
使用回数が制限されていますので説明書の指示に従いましょう。

 

除去後のお肌はバリア機能が低下しているので、
必ず毎日の保湿ケアを徹底して行いましょう

 

皮膚の乾燥はターンオーバーに決定的なダメージを与え、
リズムを大きく狂わせてしまいます。

 

肌に浸透しやすい保湿美容液などで、たっぷりと潤いを含ませましょう。

 

またお尻ケア専門のジェルも販売されていて、@コスメのヒップケア部門の1位になるくらい
人気があるようなので、一度確認してみては如何でしょうか。

 

 

栄養バランスをきちんと考慮した食事をとり、
夜更かしをしない規則正しい生活を送ることが美肌ケアの基本です。

 

物理的な対策の他にも、ストレスに負けないお肌作りを目指すことも忘れてはいけません。



デスクワークがメインの方向けに、お尻の黒ずみができる原因から対策法を解説しています。