お尻黒ずみの原因を紹介

お尻にできる黒ずみやザラザラの原因について

普段意外に気にしない存在のお尻。

 

何気なくお尻を触ったときに、付け根や丸みを帯びた頭頂部の辺り、
割れ目のあたりにザラつきを感じたことはありませんか?

 

象のザラザラとした皮膚感のようだったり、
膝や肘の角質層が厚くなったようなざらつき・・・。

 

慌てて鏡を見てみるとザラつきのある部分が黒ずんでいる事態に!

 

お手入れをしなくても柔らかいイメージのお尻ですが、
実は摩擦や刺激によるダメージを受けやすいレッド・ゾーンなのです。

 

ではここで、皮膚のターンオーバー=肌サイクルを思い出してみましょう。

お尻の黒ずみの原因を考える?

皮膚は28日周期で細胞が新しく生まれ変わります。

 

このとき、古くなった角質が剥がれ落ちることで、
新しい細胞が表面に上がってきてピチピチの角質が姿を現します。

 

肌のサイクルが整っていれば、皮膚トラブルもなく
黒ずみもない美しい肌状態が維持されるという仕組みです。

 

しかし、この肌サイクルは敏感で、知らず知らずのうちに
様々な摩擦や刺激が加わるとリズムを崩してしまいます

 

その結果ザラザラとした肌質の、黒ずみのあるお肌に変化させるのです。

 

そのように考えると、体のあちこちの肌で思い当たる黒ずみがあるのではないでしょうか?

 

正座をする時に床に当たる甲と足の付け根部分、
立て膝をつく部分、ショーツのゴムが当たる足回り部分など・・・。

 

お尻の黒ずみも然りなのです。

 

なぜ、黒ずみが出来るのでしょうか?

お肌は摩擦や刺激に敏感に反応します。
お尻の黒ずみが気になる方の多くは次のような摩擦・刺激要因が思い当たるといいます。

 

・自転車に乗るようになったら黒ずみが出た。

 

・デスクワークで長時間拘束されているせいか黒ずんできた。

 

・正座や体操座りをする機会が多く、床と接する部分の黒ずみが気になる。

 

・痩せ型でお尻の肉が薄く、硬い椅子に座るのが痛くて苦痛・・・黒ずみができやすい。

 

など、摩擦や刺激の他に重みが加わる圧力によっても
黒ずみを作り出す要因があることがわかります

 

このように、肌は刺激を受けると血の巡りが途端に悪くなります。

 

刺激が続く状態が更に継続されると、リンパの流れも悪化傾向に陥ります。
すると、肌はこれ以上ダメージを受けないように、防衛線を張り出します。

 

メラニンでお馴染みの色素細胞を活発にしてダーメジに打ち勝とうとするのです。

 

結果として、メラニンが元気に作用してしまい黒ずみを作る原因になるというわけです。

 

なぜ、黒ずんだ肌がザラザラしているのでしょう?

黒ずんだ肌はターンオーバーが正常に機能しなくなった古い角質です。

 

細胞自体が不活性化しているので、水分を取り込むことも出来ず、
極度の乾燥肌からザラザラに移行
してしまいます。

 

更に酷くなると、皮膚そのものが乾燥した状態を回避しようと、皮脂を多く分泌します。

 

肌質が乾燥肌なのに、オイリーであるいわゆる混合タイプのやっかいなお肌を招くのです。

 

普段の心がけで黒ずみは回避できます。

お尻の黒ずみは肌への直接的な刺激だけでなく、
女性特有の冷え性や血行不良によっても現れることがあります。

 

普段から、体を冷やさない食事や、下着も保温性のあるものに切り替えるなど
健康に気遣ったライフスタイルを送ることが望ましいといえます。

 

また、直接要因である刺激に対しては、同じ姿勢をとり続けないこと。
デスクワークにはクッション性の良い低反発のものをしようする。
血行を良くするため、合間合間で簡単なストレッチをする。

 

ことなどが大切です。

 

総合的にみて、出来てしまった黒ずみは古い角質を取り除くことが鉄則です。
スクラブやピーリングなどで取り除いたら、たっぷり保湿して肌を柔らかくしましょう。

 

またネットで人気のようですが、お尻の黒ずみ対策のジェルなどもあります。

 


なぜお尻に黒ずみができるのかその原因から、黒ずんだ肌がザラザラするのはどうしてなのか様々な角度から解説しています。