お尻の黒ずみをハイドロキノンで治す

ハイドロキノンの働きや注意点について

ハイドロキノンの働きや注意点

お尻の黒ずみは毎日ケアしていけば解消されるものの、やはり早くなおしたいものですね。

 

美しい肌を取り戻す為には、まずは古くなった角質を除去することが先決です。

 

その上で、保湿成分をたっぷりと肌へ浸透させることで肌サイクルが整えられて黒ずみが消えていきます。

 

 

肌に即効性のある黒ずみ解消対策は?

黒ずみの原因は皮膚が過剰な刺激を受けると、
そのダメージから細胞が身を守ろうとする防護反応によって出来るものです。

 

表皮の奥深くでおこる防護反応はメラノサイトが
黒いメラニン色素を作り出した結果によるもの・・・。

 

肌サイクルが乱れて角質が剥がれず、
新しい皮膚が表面に生まれかわれなくなるので、
メラニンは肌の奥で取り込まれたままになります。

 

そこで、美白効果のある薬剤、ハイドロキノンの出番です。

 

ハイドロキノンはメラニン色素の大本である
メラノサイトの働きを抑制する力を持っています

 

成分は表皮の深部まで到達するので、
黒ずみが解消されていく実感が早く感じられるとの体験口コミが多くあります。

 

しかし、その一方で、取り扱いも慎重に
ならなければいけない面もあるので、注意も必要です。

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンのことを確認しておきましょう。

ハイドロキノンは薬剤です。

 

欧米やアメリカなどでは一般的な美白剤として主流になっていますが、日本では2001年に化粧品への配合が認可された歴史がまだ浅いものなのです。

 

肌の漂白剤と称されるほどの美白威力があり、
メラニン色素を阻止する力はアルブチンの100倍とも言われています。

 

コーヒーや苺、ブルーベリーなどの食物にも含有されているとはいえ、
素人判断での使用は避けるべきです。

 

2001年の認可以来、市販の美容液などにも配合され
人気を呼ぶようになってきていますが、大体4%以下の濃度

 

メーカーによって使いやすくしている反面、量を使用部位によって
規制しているところもあるので、但し書きをしっかりと読んでおくことが大切です。

 

クリニックでは5〜10%の濃度で処方し、
且つ注意を呼びかけている事項もありますので参照してみては如何でしょうか。

 

ハイドロキノン使用時のクリニックなどでの注意点

塗布した肌は紫外線による影響で炎症を起こしやすくなります。

露出した肌部分では、日中に使用する場合には必ず、
SPF値が高い(なるべく15以上もの)紫外線防止剤を併用しましょう。

 

目や口の周り、粘膜部分など弱い皮膚への使用は避けましょう。

 

長期にわたっての使用はやめましょう。

使用しすぎると効果が極端に現れて、メラノサイト自体を破壊し肌が白く抜けてしまいます。

 

熱と光りに弱いので冷蔵庫での保管を心がけましょう。

また、酸化も早いので、処方してから2ヶ月以上経ったもの使用は好ましくありません。

 

医療期間での使用は診察を含め、個人の肌に合わせて含有量を決定します。

 

あまり黒ずみが重篤でない場合は普段のスキンケアから初めて、
含有量が少ない美容効果を併せ持った市販のジェルやクリームを使用してみると良いですね。



お尻の黒ずみを解消するのに使われているハイドロキノンとはどういったものなのか、使用の際の注意点などについて解説しています。