お尻の黒ずみを重層で解消

重層による効果と活用法、注意点を紹介

重層

体の広範囲に亘る黒ずみ解消に良いと、ピーリング剤としての重曹の人気が密かに高まっています。

 

人気の秘密は天然由来成分なので、安心してデリケートなお尻にも使用できるところにあるようですが、なんといっても、手軽に重曹を用いたピーリング剤を作れるところに最大の魅力があるといえます。

 

手作りの重曹ピーリング剤は一体どのようなものなのでしょう?なぜ、重曹が黒ずみに効くのでしょう?

 

重曹がお尻の黒ずみもに効く理由

重層が黒ずみに効果がある理由は?

製菓や胃薬、お掃除にと幅広い用途がある重曹は、別名を炭酸水素ナトリウムと言います。

 

弱アルカリ性の成分で、酸性のものと結合すると二酸化炭素の泡を生じ発泡作用を持ちます。

 

こうして酸性のものと中和することで、酸性主体の汚れを除去するパワーを持つと言われています。

 

この原理を応用したのが、黒ずみ解消に効き目がある
といわれる重曹によるピーリングです。

 

重曹を少量の水と混ぜ合わせることで発泡作用を起こし、
古くなって黒ずんだ角質を研磨して溶かし出します

 

一般のピーリング剤と同じ要領で、表皮に留まる古い角質を剥がしていくのです。

 

刺激によって真皮の奥深くに造成されたメラニンも肌サイクルが
順調になるとどんどん上に押し上げられて、古い角質が除去されれば
肌サイクルの機能も蘇り、28日周期で新しい皮膚へと生まれかわることが出来ます

 

重曹ピーリング剤とは?

作り方

重曹ピーリングは基本的に、水と合わせただけのごくシンプルなものです。

 

割合はまちまちで、概ね重曹がペースト状になるぐらいの水加減がよいとされています。
重曹大さじ1に対して水小さじ1が目安です。

 

引き締め作用が期待できる卵白や、
保湿効果のある蜂蜜を混ぜてみるのもおすすめです。

 

出来上がった重曹ピーリング剤は冷蔵庫で1週間程度保管がききますが、
なるべくその都度使いきるようにしましょう。

※肌への負担からペースト状が気になる方は、
ローションタイプの重曹ピーリングを使うと良いでしょう。

 

重曹大さじ1に対して250ccの水をあわせたものを鍋で一煮立ちさせると出来上がります。

 

使い方

@出来上がったペーストを黒ずみの気になる部分に塗布します。

 

A軽く円を描くようにクルクルと指先でペーストを肌に馴染ませます。

※ゴシゴシと強く力を入れないように気をつけましょう

 

B凡そ10分〜15分ほど放置します。時間がたったら、優しく洗い流します。

 

Cタオルを軽く押し当てるように拭いたら、しっかりと保湿クリームなどで肌をケアします。

※角質が除去されたお肌はバリア機能が失われるので、外気の刺激に弱くなっています。
保湿をすることで、乾燥を防ぎ皮膚にトラブルがおきにくいカバー力がつきます。

 

重曹を使うにあたっての注意点

お肌に使う重曹は食品用や美容向けの物を使いましょう

お掃除用や炊事用のものは粒子が粗いので研磨作用が強くなってしまいます。

 

使用頻度は1週間に一回程度にとどめましょう

重曹で角質を除去したお肌は、乾燥に弱い上に敏感になっています。

 

日が経たないうちに継続してピーリングを行うと逆にお肌がダメージを負います

 

肌はダメージから逃れようとメラニンを造成させるので、
使用頻度が多いと黒ずみが悪化傾向に陥ります

 

天然素材で安心して使える重曹といえども、肌を溶かすことには変わりありません。
デリケートなお尻だからこそ、使用頻度を守って十分に保湿に心がけてください

 

丁寧なケアほど、ターンオーバーがスムーズに行われる美肌=美尻になります。



お尻の黒ずみをケアする方法として重層による効果や重曹ピーリング剤の作り方、使い方、注意点などを解説しています。