お尻の黒ずみをレーザーで治す

レーザーによる治療の疑問や注意点について

レーザーによる治療の疑問や注意点

レーザーと聞くと、脱毛用の医療レーザーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

医療機関のみが認可されたレーザー施術にには、脱毛の他に皮膚の色素沈着などを治療目的とするレーザーがあります。

 

お尻の黒ずみには、薬剤を用いないピーリングレザーが使われます。ピーリングレザーは、ケミカルピーリングのように古くなった角質をレーザーの力で除去するものです。

 

薬剤を用いないのでアトピーやアレルギー症状を持つ方でも
施術が可能と言われています。

 

稀にいらっしゃる、光アレルギーの方はこのレーザーピーリングを
受けることが出来ませんので、皮膚科医に相談してみてください。

 

素人感覚ではレーザーの違いがわからず困惑してしまいます。
脱毛施術のレーザーとレーザーピーリングは根本的に何が違うのでしょう。

 

医療脱毛レーザーとレーザーピーリングは同じ物?

医療脱毛レーザーとレーザーピーリングは同じ?

クリニックによっては2種類の機会を用いて、脱毛とピーリング用にレーザーマシンを使い分けているところもあれば、

 

一つの脱毛マシンでダイヤル調整をして、
目的の違うレーザー照射をしているところもあります。

 

脱毛レーザーは・・・。

黒い色素に反応する種類の、強い威力のあるレーザーを照射することで毛根ごと毛を壊滅させていく永久脱毛法。

 

つまり、メラニンにのみ作用する強いレーザーで、メラニンが存在する毛根だけに熱・光エネルギーを与える施術です。

 

一方、レーザーピーリングは・・・。

レーザーフェイシャルとも呼ばれる照射作用が弱いもので、
ソフトタイプのレーザーと言えます。

 

剛毛の照射ではなしえなかった、うぶ毛の処理も可能範囲です。
弱いからこそ、角質を除去していく作用に優れているのです。

 

ソフトな照射はメラニンに働く位置までには到達しませんが、
真皮の毛細血管に光の刺激を与えることで角質を除去します。

 

真皮がソフトなレーザーの刺激をうけることで、
お肌が再生化能力を取り戻します

 

また、美肌に必要なエラスチンとコラーゲンの生成を
促進させる働きも持つので、肌サイクルを正常なものへと導きます

 

肌サイクルが正常になることで、深層部に達した黒ずみが徐々に
サイクルを重ねる毎に上におしあげられます。

 

こうして、施術を数回繰り返すうちに、綺麗に古くなった角質や、
大本であったメラノサイトが剥がれて肌が生まれかわるのです。

 

一台のマシンで使い分けをするということからもわかるように、
医療機関での脱毛、ピーリングに関してはレーザーは一緒の類であることが理解できます。

 

波長、レーザーの照射が強いか、弱いか、その違いだったのです。

 

治療後に気をつけることは?

レーザー治療の際の注意点

脱毛においてもそうですが、レーザー照射後は肌が余計なものがなくなったぶん、刺激を受けやすい状況にあります。

 

レーザーピーリングでは角質がなくなることで、軽い火傷様になることもあります。

 

肌を守る機能も一時的に消えてしまうので、肌あれや色素が付いたり、痛みがあったりと術後の症状は様々です。

 

医療機関によっては独自の保湿剤を併用することで、レーザーによる肌トラブルを未然に防ぐケアも手厚くしています。

 

同じ処理であってもエステでの施術のように、
医療機関ごとにスタイルも、ケア方法も違います。

 

方針やレーザーに対する姿勢などをよく調べて、自分にあったクリニックを探しましょう。



皮膚科や美容外科で行われているレーザーを使ったお尻の黒ずみ治療の特徴や注意点などを解説しています。