お尻の黒ずみを石鹸で解消

石鹸の使い方とおすすめの石鹸を紹介

石鹸

お尻の黒ずみ予防には清潔が一番です。

 

下着の中は冬場であっても湿度がこもり、汗をかきやすく不衛生な状態になりやすい環境です。

 

いつの間にか皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖しお尻にもニキビが発生してしまいます。

 

皮脂が詰まるということは、お肌がターンオーバー機能を
コントロール出来ない状態であるともいえます。

 

古くなった角質が剥がれることなく表皮をカバーしてしまい、
ニキビが出来ているのに乾燥ダメージを受ける混合肌へ発展します。

 

後に、この肌へのストレスが恐ろしい!?お尻の黒ずみへと変貌していくのです。

 

そうなるまえに、入浴時におろそかにしやすい
お尻を丁寧に洗い清潔を保持することが要となります。

 

黒ずみ予防対策のための石鹸の使い方

無香料で界面活性剤を含まない石鹸を選びましょう。

フェイス用の石鹸は低刺激なものが多くお尻に合っています。

 

ナイロンのボディタオルは肌を傷めるので、綿のものにしましょう。

手であらうだけでも十分です。

 

ゴシゴシ洗うのはNG!です。

摩擦が刺激となり黒ずみに移行します。

 

石鹸は十分に泡立てて使いましょう。

肌に負担をかけないためにもクリーミーな泡立てがおすすめです。
泡立て専用ネットが百均にもありますので、手早く泡立てたい方には便利です。

 

蒸れゾーンこそ丁寧に洗いましょう。

お尻の割れ目、特に尾てい骨付近は忘れがちで、肌トラブルも生じやすいポイントです。

 

黒ずみは刺激が起因します。
お風呂上りもタオルでゴシゴシ力をかけて拭かないように、気をつけましょう。

 

良く乾かしたら、保湿剤を塗って保水力を肌内にとじこめます。
肌のバリア機能が正常に働き、下着の擦れにも動じないお尻を導きます。

 

出来てしまったお尻の黒ずみは、ピーリング効果のある石鹸を使用しましょう

ピーリング効果のある石鹸

黒ずみがすっかり出来上がってしまたお尻は、普段の石鹸で洗っても古い角質がそのままなので清潔は保てません。

 

入浴時はお肌がふやけているので、絶好のピーリングタイム。

 

ケミカルピーリングでお馴染みのAHAや、クリニックで使われるハイドロキノンなどを配合した石鹸が出回っています

 

角質除去の成分が入った石鹸で入浴時に
黒ずみを徐々に解消していくスタイルは是非取り入れたいですね。

 

いくつかピーリング石鹸の種類を紹介したいと思います。

 

AHAエクセレントソープ(エクセレントメディカル)2,100円

AHAエクセレントソープ

10年先も使える、加齢肌にアプローチする石鹸として人気。

 

AHAを0.6%使用。
湿潤作用に8種のアミノバランス、収れん作用に
7種の天然エキス、リピジュアでヒアルロン酸の働きを促します。

 

特徴・・・天然素材で黒ずみを吸着するベントサイトと
炭の力を合わせているので、AHAの相乗効果が期待できます。

 

Gアミノソープ(株式会社ミリオナイ化粧品)初回限定価格2,980円

Gアミノソープ

アミノ酸成分のみの使用で低刺激のピーリング作用を実感。

 

面倒な泡立てが不要なプッシュ式スタイル。
キメの整ったクリーミーな泡が角栓まで洗い落とします。

 

特徴・・・皮膚科でも実際に使われているピーリング石鹸です。

 

 

サンソリット スキンピールバー(サンソリット)

サンソリット スキンピールバー

肌質に合わせた4種類のピーリング石鹸が魅力です。

 

AHA配合の自然肌向け 普通タイプ・2,100円
AHA配合の敏感肌向け マイルドタイプ・2,100円

 

 

 

AHAに清浄作用を加えたニキビ肌向け ティートゥリー・2,625円
ハイドロキノンを使用したくすみ対処に ハイドロキノール・5,250円

 

特徴・・・グリコール酸を主成分としています。
お試しに15gのものも販売しているのでどのタイプが合っているか考察できます。

 

石鹸で対策した後は、しっかりとスキンケアしてあげることが大切です。

 

保湿クリームなどでも構いませんが、最近ではお尻ケア専門のジェルも販売されており、
ネットで人気のようなので、試してみるのもいいかもしれませんよ。

 



お尻の黒ずみをケアする方法として石鹸の使い方から、市販で販売されているおすすめの石鹸をピックアップしてご紹介しています。