下着の締めつけを防ぐ為の対策法

下着の締め付けを防ぐ4つの対策法

下着の締め付け対策

下着の締め付けは皮膚を圧迫させるだけではなく、様々な病癖をうむ原因を作り出します。

 

血の巡りが悪くなることから脳の機能・自律神経へと直結し、取り返しのつかない健康被害も懸念されます。

 

そのような事態に陥らないためにも、下着の締め付けによる強いストレスをなくすことが最善の対策といえるでしょう。

 

まずは根本的な原因を取り除くべく、

締め付け感のある下着をつけるのをやめましょう!

 

どのような下着が健康のために理に適っているのでしょう?

 

足繰り、ウエスト部分に力をかけるゴムを使用しないものを選ぶ

ゴムを使用しないタイプのショーツを探すのは難しいものがあるかもしれません。
サイズを大きめにし、肌に直接負担をかけない努力をすることが先決です。

 

女性用においても締め付け軽減スタイルを取り入れた、
トランクスタイプの下着もお勧めです。

 

この他にも腰の部分で両サイドを紐で結ぶスタイルのものや、
古式ゆかしきふんどしも見直されています。

 

また、下着の締め付け対策でWEB検索をかけると
各下着メーカーでも研究が進んでいて、快適な下着が販売されていることがわかります。

 

密着した下着は避ける

適度な空気層が出来る、ゆったりと着られる下着が一番です。
体に密着する下着は一見機能的に見えますが、あまり宜しくありません。

 

フィット感は締め付ける行為という認識を持ちましょう
締め付けはストレスを引き出して、知らず知らずのうちに体から不調サインが出ます。

 

肌に優しい素材を使った下着を選ぶ

ポリエステルなどの化学繊維の下着は摩擦が起こり易く、
通気性も悪いので肌トラブルも想定
されます。

 

天然素材を用いた良質な生地は、肌をリラックスさせ健康な状態を導きます。

・オーガニックコットン
・ダブルガーゼ素材
・シルク
・エアーニット

 

体に良い素材生地のものを積極的に取り入れましょう。
一度、身に着けるとその快適さに馴れると共に、体の調子が良くなるのが実感できます。

 

肌に当たる部分の縫製にもこだわる

せっかく天然素材を使用した肌着を選んでも、
肌に直接当たる部分に縫製があるものはNGです。

 

縫い目が肌に触れると、黒ずみから締め付けと同様に
健康トラブルに発展する可能性が否めません

 

縫い目のないフラットなものや、
縫製面が表側にくるようにつくられた下着も沢山でています。

 

下着の締め付け対策まとめ

下着の締め付けを深刻に考えている人たちの間では、就寝時や家で過ごす時間には下着をつけないという根本的な対策をとるスタイルが受け入れられています

 

完全にストレスから開放されるので、生理痛も緩和されたりと、顕著にその効果を体感できるそうです。

 

馴れてくると下着を身に着けることに抵抗を感じてしまうほど快適だとの報告もあります。

 

試してみる価値はありそうですね。



下着の締めつけによる様々な悪影響が出ない為の色々な対策のやり方を解説しています。